2013年08月03日

「光陽展京都準本展」終わる

015.JPG
「第61回光陽展準本展」も7月28日で終了。暑い1週間であった。毎日地下鉄「東山駅」から白川沿いの道を京都市美術館まで通った。毎年東山駅から左折すると直ぐ菓子工場があり、ここで「わらび餅」を買う。南座の売店に卸している老舗、味が格別、黄粉がたっぷり入れてある。
この工場から二軒目に「三味洪庵」という七味、昆布の老舗でカフェ、レストランもやっている。喫茶席から白川が望める。蛍を観賞することもできるらしい。ここの山椒昆布は絶品、毎朝ごはんと一緒に食している。毎年この店の前を通りながら、中に入ったのは初めて。京都の店は入って初めて奥深さに驚く。一度白みそでつけた魚の切り身の昼食を食べてみたい。
この白川沿いを通るのは来年7月になる。
posted by port at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする