2017年08月17日

フランス海岸松

IMG_4873 (編集済み).JPG
万博記念公園に大阪万博終了後、世界の森に植栽された世界の樹木が47年経って大木に成長。ポルトガルからは
「フランス海岸松」が贈られた。まわりの樹木に気遣いながらも添え木に支えられて異国の地で一本だけ成長、
何となく根元から大きく曲がって痛々しく見える。
最近ポルトガルで火災が頻発しているが、この松がよく燃えているようである。1998年ポルトガルを初めて訪ねて、バスの窓からこの松に出会った懐かしい松の木である。20年前から、万博公園に来るたびにこの1本の松に
会いに来ることにしている。
posted by port at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

朝食

IMG_4538.JPG
朝の朝食にオレンジ、ヨーグルト、オリーブオイル(ポルトガル産)を10年以上毎日食している。
体調に良いのかどうかは分からない。妻が血圧が高いので付き合っているだけである。私はどちらかと言えば
低血圧体質。喜寿を過ぎて病気をしないところを見るといいのかもしれない。IMG_4538.JPG
posted by port at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏バテ

IMG_4818.JPG
今年は午後からはエアコン付ける日が多いが、愛ネコジャムは少々夏バテか、昼間は押入れに籠ったままなかなか
出てこない。ひたすら体を動かさない。
posted by port at 11:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛ネコのセミの初捕獲

IMG_4837.JPG
今年はセミが少ない。裏庭では例年ならtvが聞こえないほど蝉時雨が激しい。今年はそうでもない。昨年はベランダに飛来する蝉を愛ネコは5−6匹は捕獲したが、今年はゼロでイライラしていた。
漸く捕まえた。クマゼミである。雌でよかったが、雄なら部屋中狂ったように泣き叫び飛び回り、それを愛ネコが追っかけまわす。死ぬと全く興味を失する。ベランダにたまたま飛来する蝉をその時を狙って捕獲する感覚は超人的でさえある。人間脱帽である。
posted by port at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺作となった画友の作品の事件

IMG_4407.JPG
5月に突然画友が亡くなった。7月の展覧会に作品展示した。顔のない舞子さんの作品である。
この作品を展示している上から、断続的に音がするという。配管もないのにおかしい。画友が何か話したいことが
あったのではと、耳を澄ますとカチカチと小さな音がする。
京都は怨霊がたくさん彷徨っている。今年から初めての会場、何か不吉なことでもあるのやら。
一階の事務所に気になり問い合わせたら、「あの場所は天井の空調配管の音がする」との回答。安堵したものの
しかしなぜ亡くなった画友の作品が偶然にも、その場所になったのかね?気になるハプニングであった。
posted by port at 11:25| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桃山町の桃

IMG_4667 (編集済み).JPG
和歌山岩出の知人から桃山町の桃をもらった。美味しかった。感謝感謝。
昔現役の頃、桃山町へ一時間かかって大阪から桃の買い出しに行った。高速料500円もらって知人友人へ幾箱も
買ってきた。桃園のおばあちゃんまだ元気でいるかな。傷物を安くしてもらった。
posted by port at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎公園の疎水、暑中盛り

IMG_3515.JPG
7月この時期は岡崎の京都市美術館での恒例の企画展開催する。
地下鉄東山駅から白川を通り会場へ。いつものコース。京都の猛暑は厳しい。赤い平安神宮の大鳥居が燃えるように見える。
posted by port at 11:03| Comment(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

ミナネコの死

IMG_2345.JPG
16年間癒してくれたミナネコが昇天。2017.2.10.
午前9:00。
posted by port at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

第64回光陽展開催の件

image.jpeg4/8から東京都立美術館で始まる。風邪気味でもあり準備協力で少々疲れた。今年の作品は「枯木三態」100S。
posted by port at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

蝉時雨

206.JPG
今年の夏は蝉の鳴き始めも遅かった。愛ネコ、ジャムが捕獲した蝉も例年10匹以上あるのに今年は
4匹のみ。更に昨年に比し今年は油蝉が大半。クマ蝉は一匹捕獲しただけ。
例年TVの朝ドラが聞こえないほど、蝉時雨がひどいのに、そうでもなかった。
猛暑の影響があるのだろうか。
posted by port at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

丸山応挙

060.JPG055.JPG
NHK教育番組で丸山応挙の作品展を見て驚いた。
この作品日本にはないが、湖面の氷のひび割れの描画、剣の切っ先のような線の鋭さがこれ以上描けないほど緻密さで一幅の作品に仕上がっている。
無駄のない一本一本の線、その間合い、凄いの一言に尽きる。
一瞬に思ったのはポロックの作品と並べてたらどんな変化をもたらすことだろうか。
抽象画そのものである。
posted by port at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅田の阪急百貨店のショーウインドウ

032.JPG
阪急百貨店梅田店のショーウインドウは楽しい。
9階で文楽の展示会開催中でショーウインドウも妖艶な文楽人形。
曽根崎心中の悲劇性は妖しいまでに美しい。
現役の時一度行ったきりで最近は観劇が多い。特にファンがいるわけでもなく飽いてきた。
ゆっくり文楽に回帰してみようか。そんな気になっている。
このところ曽根崎のお初天神の境内をよく通るのでその気になったのかも知れない。
posted by port at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も葦簾をベランダに立てる

009.JPG
ベランダでの温度差は日向と比較すると約5度違う。
今年は蝉の鳴き声が遅かった。2-3日前からようやく蝉しぐれが始まった。
posted by port at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

肉筆浮世絵ウェストン・コレクション展

143.JPG
先月大阪市立美術館にウェストンコレクション浮世絵肉筆画展、観に行った。
絢爛豪華といって過言ではない。色彩が実に美しい。今描いたのではないかと思うくらい彩度が高い。
保管状況が良いのであろう。それにしても江戸の着物は柄が繊細で色鮮やかだったのであろうか。
建物の直線と人物の曲線が実に見事な調和、江戸の町にタイムスリップしたいものである。
よくぞこれだけの作品を蒐集した。若い時は浮世絵には興味がなかったが、年齢とともにこの美しさが
見に沁みる。世界に類のない浮世絵美人画、それもデフォルメされた線描と色彩の美しさ、欧米が羨望の眼で蒐集に注力した気持ちは理解できる。これだけのボリュームが外国の所有とはさみしさも覚える。
しかし保存状態がこれだけ良いのには感謝すべきであろう。
posted by port at 16:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

神戸のスケッチ会

160.JPG
5月2日神戸でスケッチ会、参加10名。
暑かった。
北野界隈も整備されて興味が湧かない。
祝日でアジア系の観光客で賑わっていた。
港の方が良かったかも知れない。
posted by port at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

フランス人の陶芸家

021.JPG019.JPG
阪急百貨店梅田店のギャラリ-で楽焼の素晴らしい個展に出会った。
フランス人陶芸家、Andoche Praudelさん。
日本に滞在して修業したのかと聞いたら、フランスでフランス、スペインの土で焼いているという。
日本語が上手い、奥さんが日本人。
アンドシュ・プローデルさん、なかなかいい顔立ちであった。
茶碗が欲しかったが30万円では手が出ない。去りがたく小さなスペイインの土で焼いた器を購入。
約8000円近い価格。器の中に窯変がみてとれる。痛いほどごつごつした手触り。
早速手に入れた「呉春」の酒を冷で飲む。もっとすごい辛口の酒が合うようである。
posted by port at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人物デッサン教室のモデルさん

022.JPG
月一回の人物デッサン教室開催いているが素描力の必要性を痛感する。
見たままを描くことは実に難しい。
生きてきた年代の記憶の脳が邪魔するのである。
間違ったことを平気で脳は命令してしまう。
今日は古い懐かしいモデルさんがきてくれた。
社交ダンスをやっているだけあってスリムな容姿である。

2015年04月21日

上野の森での恒例の展覧会も漸く終わった

第63回光陽会展が平成27年4月8日から16日で終わる。
4月12日上野公園内の「精養軒」で総会、授賞式、祝賀会開催。
相変わらず上野は外国の観光客が多い。桜は葉桜の時期を迎えた。
3月12日〜3月15日、審査。
3月13日〜3月18日、福島への旅。
4月6日~7日、東京都美術館展示作業。
4月11日~12日、総会、授賞式、祝賀会出席。
4月13日〜15日、千葉犬吠崎へ家族3人で旅行。
漸く落ち着く。
9月開催の京都市美術館での巡回展の準備作業がこれから始まる。143.JPG034.JPG150.JPG
posted by port at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

光陽会大阪支部展開催

9月2日から大阪市の谷町6丁目にある「薬業年金会館」で恒例の光陽会大阪支部展開催する。
明日が搬入日、3点出品する。F15号、F10号、F8号。
10年近くこの会場を使用しているが通りに面しているが、一般の来場者が入りにくい。
来年は茨木市のギャラリーを申し込んでみようかと思っている。ここなら600人ぐらいは観覧者が見込める。日本人は公募団体が300近くあるかと思うがだんだん高齢化で構成員が減少傾向、新人の確保に
凌ぎをけずっている。応募者も大半が60歳以上、若手の応募は少ない。本展開催が東京である我が団体も出品に費用もバカにならず若手には生活の負担となっているようである。大きな美術館で作品が展示できる魅力だけに頼っているのが状況ではなかろうか。
大手の公募団体でも著名な作家がいなくなったし、動員できる作家も少なくなった。公募団体の魅力の一つは名のある作家がいるということでもある。逆にだんだん公募団体が素人化しつつあるのが気になる。
一方身近なカルチャーは花盛り。今後公募団体は淘汰される時期にきているのかもしれない。
絵画動向も変容して油彩、日本画、水彩等フォルムも色彩の画材の境も区別があいまいになりつつある。
重厚さからアニメ的になっているのか。軽くなっているのは事実。芸術につきものの苦渋さが払しょくされている。抽象から何処に絵画は進むのか、バーチャルの壁にぶち当たっているともいえる。或いは回帰現象を起こすかも知れない。いずれにしても賞味期限のレッテルを書き換えるわけにはいかないのである。DSC05227.JPG
posted by port at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

「クマゼミ」と愛ネコ

今年はアブラ蝉一匹、クマゼミ六匹、8月22現在で合計七匹愛ネコが捕獲した。
毎年十匹前後ベランダで捕獲する。今年は20日前後から蝉時雨も突然静かになった。
七匹のうち雄は二匹のみ、もう夏は終わりか。蝉を捕獲するのは一匹の猫だけ、
キジ猫は関心がない。賢さ、馴れ馴れしさ、鈍くささ、喰いけ、等など猫の性格は全く違う。
人間以上かもしれぬ。020.JPG
posted by port at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする